> V.College Now > 広報:2014年 > 就職内定者の言葉と、雪かき。

College Now

広報

:2014年

就職内定者の言葉と、雪かき。

掲載日:2014/12/18

昨日から山形は大雪です。
昨夜と今朝は、雪かきに追われました。

雪かきにも手順があって、力の入れ方にもコツがあります。
体を痛めたりしないように、早く終わるように、そして美しく。
私、棚井は小学生のときから親の指導のもと、雪かきをしてきました。
指導というと厳しく感じますが、とても楽しく、体も暖まり、ママさんダンプ(知っていますか?赤くて大きいスコップのようなものです。この名称は山形だけ?)を預けられたときには、大人と認められた!という喜びがありました(笑)
今では私が子供たちに正しい(!)雪かきを教えています。
車を運転する者からすれば、はやく無くなって欲しいところですが・・・。

学校であった良いこと、嫌だったこと。
家族やご近所さんのために。
手伝ってくれてありがとう。助かったよ。の一言。
しんしんと雪が降るなかでの共同作業。なかなか良いものです。

話がそれました!
内定者の言葉です。

■クリエイティブデザイン科 Kくん
私が専門学校に入学してから一番力を入れてきたのは学生会です。この度入社する会社は、リーダーシップを重視する会社とお聞きし、そういった面でとても役に立ちました。これからも、人前に出ることを嫌がらず、積極的に行動することを心掛けていきたいです。

沢山ある学生行事。みんな心から楽しんでいます。1日のイベントが楽しく安全に開催される陰には、Kくんの努力があります。何日も前から時間を割いて準備し、終わってからも後片付けやら会計やら、たくさん仕事が残っています。その大変さ、重要さを理解し皆のために働くKくん。きっと社会に出てからも良い仕事をしてくれるでしょう。
頑張れ!Kくん!

  • 0
  • シェア
  • 送る