> 学校案内 > 沿革

学校案内

沿革

校訓:「健康・誠実・友愛」

山形V.カレッジは、伝統文化を守りながら、新しい文化を切り拓き、地元企業と共に、山形の文化・経済の担い手を育成し続けています。

学校法人山本学園は「健康・誠実・友愛」の校訓のもと1919年(大正8年)に和裁塾として設立しました。1921年(大正10年)には、学習院裁縫主任教授竹田太郎吉先生を名誉校長に戴き、竹田裁縫女学校として発足。当初より洋裁教育を取り入れ常に新しいものに挑戦する校風です。90年にわたり、常に古き良き伝統文化を学び、新しい文化を創造し続けています。

1985年12月には山形コンビュータビジネス専門学校を設立し、最先端技術者の養成を地域社会から受け、県内初のコンピュータ教育の専門課程を設立。2007年4月に竹田家政専門学校と山形総合ビジネス専門学校を統合し、専門学校山形V.カレッジとし県内最多の5学科18コースを設立致しました。

本校は、その時代に応じてコンビュータ教育だけでなく、様々な業種に対応した人材育成を行い、全国初のアロマテラピーの専門課程の設立、リゾート観光分野、個別保育など多岐にわたる展開を行って参りました。今や卒業生たちは、伝統文化伝承の担い手として、和裁業界の全国トップクラスの和裁技術者として、また、様々な分野における地域や全国各地の企業の経営者や担い手として活躍しております。

常に、地元企業との絆を深め、基礎的な学習とともに新しい技術力と情報を持った人材の育成、さらに、提案力と企業創造を持った人材の育成を行い、企業にとって必要な職業人の育成に邁進しております。また、地域に貢献できる人材育成機関として小学生から一般までの講座や雇用対策事業を実施し、その他にも地域のイベントだけでなく、全国イベン卜、国際イベントの参加も積極的に参加して参りました。

主な参加イベント

国際EXPO大阪花博(1990年)、三陸海の博覧会(1993年)、(社)日本青年会議所JCIアカデミー(2000年)、生涯学習フェスティバル山形大会(2001年)、全国都市緑化やまがた花咲かフェア(2002年)、国民文化祭inやまがたファッションショー(2003年)、BS「お~い日本」山形全国放送(2004年)、ほか文部科学省委託事業、厚生労働省委託事業、山形県海外研修生受け入れ事業など。


創立80周年記念ファッションイベント「衣伝子」


大型汎用コンピュータ FACOM-M-320Eシステム

竹田家政専門学校

大正8.5 渡利アイ先生小姓町に渡利裁縫塾を開設
大正10.5 竹田太郎吉先生を名誉校長に知事の許可を受け、竹田裁縫女学校を発足
昭和9.9 山本鶴雄氏校主となる
昭和15 校歌制定(山田耕作 作詞、西条八十 作曲)
昭和23.4 新学制の実施に伴い、竹田技芸専門学校と改称
昭和26.11 学校法人山本学園の設立。山本鶴雄先生初代理事長に就任
昭和31.12 城西地区に新校地取得
昭和41.4 竹田技芸専門学校を竹田家政学院と改称
昭和46.4 竹田裁縫部を竹田和裁研究所と改める
昭和47.4 竹田家政学院拡張のため、和裁研究所を諏訪町に移転
昭和51.4 専修学校制度の施行により竹田家政専門学校と改称
昭和54.8 清住町に校舎新築、移転
平成2.2 ファッションイベントふくの日“時間咲きます”“開催
平成2.5 国際EXPO大阪花博「花の帯結び」ショー出演
平成3.10 創立70周年記念イベント「山形幻視行」開催
平成5.9 三陸・海の博覧会/中国古代衣裳のファッションショー出演
平成7.1 文部大臣認定「専門士」付与認定校
平成10.4 「 グリーンデザイン科」新設により、校舎環境整備/専門学校でのアロマテラピーの専門科目設置(全国初)
平成11.7
~平成13
文部科学省受託事業「チャイルドスクール」実施
平成11.9 労働省雇用促進事業団委託事業(中高年再就職促進訓練ガーデニングデザイン講座)
平成12.4 「チャイルドビジネス科」新設
平成12.7 (社)日本青年会議所/JCI国際アカデミー交流会開催会場となる
平成13.10 創立80周年記念ファッションイベント「衣伝子」開催/生涯学習フェスティバル/まなびピア「体験学習コーナー」ハーブとアロマ体験を出展/ファッションショー参加
平成13.12 学園発祥の地小姓町に市民のためのポケットパーク完成竣工
平成14.6 全国都市緑化やまがた花咲かフェアにガーデニングとファッションショーで参加
平成15.10 国際文化祭inやまがたファッションショー「花鳥風月」に参加
平成16.8 BSⅡ「おーい日本」全国放送/県内ゆかた着付けプロデュース
平成18.6 寒河江花咲かフェア スローライフをテーマに屋内、屋外に作品展示
平成19.4 専門学校 山形V.カレッジ スタート

山形総合ビジネス専門学校

大正8.5 渡利アイ先生小姓町に渡利裁縫塾を開設
昭和60.12 山形コンピュータビジネス専門学校として設立。
昭和62.3 通産省情報化人材育成連携機関に委嘱される/社団法人経理学校協会経理実務士資格認定指定校/校旗制定
平成2.7 山形県海外研修員受け入れ「情報システム研究科」「OAビジネス科」
平成5.4 「リゾート観光科」新設
平成7.4 「行政事務科」新設 専門士付与認定校
平成8.4 山形総合ビジネス専門学校へ改称「流通管理科」「医療事務科」新設
平成11.4 学科改変 5学科となる
平成11.4
~平成15
厚生省受託事業 「緊急再就職促進訓練」実施
平成11
~平成13
文部科学省受託事業 「チャイルドスクール」実施
平成12.4 「コンピュータデザイン科」新設
平成13.10 生涯学習フェスティバル まなびピア「体験学習コーナー」/初心者のためのパソコン教室出展
平成13.12 委託事業「親子IT講習会」を受託実施
平成16.7~ 学生による近隣小学校へコンピュータ出前講座始まる
平成16.8 山形県海外研修員受け入れ「経理マネジメント科」
平成18.4 「ビューティビジネス科」新設
平成19.4 専門学校 山形V.カレッジとしてスタート